年齢を重ねるとお肌のハリが失われ、たるみ毛穴が目立ちます


メイクをしても隠し切れない、ボツボツとした毛穴の開きが気になるという人は多いでしょう。

「毛穴をカバーしようとしてファンデーションを厚くしっかり塗ったのに、お昼ごろには毛穴落ちして、さらに目立ってしまって恥ずかしい思いをした」

「高価な美容液を毎日たっぷりと使っても、毛穴に良いと評判のパックを念入りにしても、まったくお肌は変わらない。一度、開いた毛穴はもう戻らないのかしら」

こうした毛穴に関する悩みは、同じ毛穴トラブルのようにも見えるのですが、実は10代や20代の若い頃と、30代を過ぎたお肌では、毛穴の開きの原因や種類が違ってくるのです。

それを知らずに、若いときと同じような毛穴ケアを一生懸命にしていても、まったく改善されないのは当然のことです。

10代のころの若いお肌は、皮脂が過剰に分泌することが原因で毛穴が広がります。皮脂腺の多いTゾーンの部分に起こりやすく、中でも鼻の周りの毛穴開きが目立つのが特徴です。

一方、年齢を重ねると、頬の部分の毛穴開きが目立ってきます。これは加齢によるお肌のたるみが原因で起こるたるみ毛穴というものです。
肌のハリがなくなることで、毛穴もつられてたるんでしまうのです。

毛穴開きの違いを知れば、たるみ毛穴は改善する


過剰な皮脂分泌によって起こる開き毛穴と、年齢により起こるお肌のたるみが原因の開き毛穴との違いを知ることは、毛穴トラブルを改善するためにはとても大切になります。

若いときに多い開き毛穴は、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が押し上げられ、ぽっかりと毛穴が丸く開いて見えるのです。

それは、皮脂腺と毛穴がつながっていることから、皮脂量が増えると出口が大きくなるので毛穴が目立つというわけです。
皮脂が過剰に分泌する原因は、もとがオイリー肌のため皮脂腺が大きく毛穴が目立つという人もいます。また、10代は男性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が活発になるので毛穴が開いてしまうのです。

それ以外にも、お肌の乾燥や間違ったスキンケアなどといった理由が挙げられます。

たるみ毛穴の原因は?

年齢を重ねるごとに毛穴の開きが目立ってきた、という人はたるみ毛穴の可能性があります。

10~20代の頃の開き毛穴はTゾーンに多く見られますが、たるみ毛穴は頬に目立つのが特徴です。

毛穴の形も丸ではなくて、お肌が下に引っ張られて縦に延びたように変形していて、皮膚を上に引き上げると毛穴は目立たなくなります。

こうした特徴がみられれば、それはたるみ毛穴です。

たるみ毛穴では、加齢によるお肌の老化が影響して目立ってきます。老化とは、お肌のハリや弾力が低下することです。

皮膚は、一番上から表皮、真皮、皮下組織の3層からなっています。そのうち真皮は、お肌のハリや弾力を支えるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分によって構成されています。

しかし年齢を重ねると、それらのハリや弾力を支える成分が減少するので、お肌はたるみ、毛穴が目立ってしまうのです。

たるみ毛穴の原因は加齢の他にも、表情筋の衰えや、紫外線の影響で真皮層がダメージを受けてお肌がたるみやすくなる、といったことも挙げられます。

お肌の老化が原因とはいえ、たるみ毛穴はきちんとお手入れをすれば徐々に改善していきます。しかし何もせずに放置しておくと、毛穴と毛穴がくっついてシワやほうれい線となり老け顔になってしまうのです。

逆に、たるみ毛穴を改善することで、お肌にはハリが出て若々しい表情を取り戻すことができるでしょう。

たるみ毛穴の改善策(1) スキンケアの見直し

たるみ毛穴は、皮膚の真皮層を構成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をケアし、ハリや弾力を取り戻すことが大切です。
そのためには、毎日の正しいスキンケアがとても重要になってきます。

たるみ毛穴を改善するスキンケアのポイントを説明します。
まずクレンジング剤や洗顔料は、お肌に優しいタイプのものを選びましょう。

クレンジング剤では洗浄力の強いオイルタイプやふき取るシートタイプよりも、クリームタイプやミルクタイプがオススメです。目元や口元などのポイントメイクは専用リムーバーを使うとお肌へのダメージが軽く済みます。

洗顔料もさまざまなタイプがありますが、合成界面活性剤・合成着色料・合成香料・防腐剤・アルコール・バラペンなどの成分が入っていないシンプルなものを選びましょう。

洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料は、お肌への刺激も強く、表皮のバリア機能が低下し敏感肌になってしまいます。

また表皮がダメージを受けると、真皮層にまで影響がおよびお肌の老化が進み、たるみ毛穴を招く原因にもなります。

次に、クレンジングと洗顔のポイントです。
いずれもゴシゴシお肌をこすらずに、クレンジングはメイクとなじませるように、洗顔はたっぷりの泡で優しく丁寧に汚れを除去します。

洗い流す時は、クレンジング剤や洗顔料がお肌に残らないように、ぬるま湯で丁寧に流します。

洗顔後の保湿ケアもたるみ毛穴のお手入れでは重要なポイントです。
保湿ケアでは、皮膚の真皮層を構成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を修復する美容成分が配合された化粧品を選びましょう。

お肌の老化の原因となる活性酸素を除去するレチノールやビタミンC誘導体・保湿力の高いセラミド・ヒアルロン酸が入った美容液やクリームがおすすめです。

保湿ケアの手順は、化粧水→美容液→乳液→クリームの順でつけていきます。
化粧水は素手、コットンどちらでも構いません。
大切なのは、適量を顔全体にしっかりとなじませることです。

乳液やクリームをつける時は、顔の中心から外側へ向かって丁寧に優しくつけていきましょう。

たるみ毛穴の改善策(2) 食事の見直し


たるみ毛穴は、老化が原因です。改善するためには内側からのアプローチが不可欠となります。

たるみ毛穴を改善する食事は、老化の原因となる活性酸素を除去する、抗酸化力の高い緑黄色野菜を積極的に取ることです。

緑黄色野菜とは、ほうれん草・ニンジン・小松菜・ブロッコリー・パプリカ・かぼちゃ・ニラ・ダイコンの葉などです。

また野菜と同時に肉や魚などのタンパク質を摂取することが、真皮層のコラーゲンの生成を促すことにつながります。
ただ肉料理を食べる場合は、脂肪の取り過ぎに注意しましょう。

たるみ毛穴の改善策(3) 表情筋ストレッチ

毎日のスキンケアや、毎朝のメイクを行う時は、皮膚が下がってしまった顔のたるみを持ち上げるように、上へ上へと意識するようにケアを行うことが大切です。

また衰えた表情筋を鍛えることで、お肌のたるみは解消されます。
日頃から笑顔を絶やさずに生活するだけでも表情筋は鍛えられます。
さらに表情筋を動かすストレッチ・を取り入れるとよいでしょう。

表情筋のストレッチを紹介します。
呼吸を止めず鼻で息を続けて、ひとつの動きをゆっくりとして、筋肉がしっかりストレッチされているのを実感しながら行いましょう。

数日続けていくと、鏡を見れば顔がすっきり引き締まってきたのがわかりますよ。

1.頬のたるみ・ほうれい線の予防・リフトアップに作用するストレッチ

大きく口を開けて「あ・え・い・う・え・お・あ・お・いー」とゆっくり発音します。
最後の「いー」を数秒伸ばします。
このとき、口角を上げるようにして、口元の筋肉を意識してください。

次に「あ・え・い・う・え・お・あ・お・うー」と発音します。
同じように最後の「うー」を数秒伸ばします。唇を思い切りすぼめるようにしてキープしましょう。

これを1日4セット以上、行いましょう。

2.頬のたるみ、ほうれい線を予防するストレッチ

両目をしっかり見開きます。
その表情のまま、舌を出して上下に20回、左右に20回動かします。
次に、上→右→下→左とゆっくりと回しましょう。
逆まわりも同じように行います。

これを1日1回、約1分行いましょう。少しずつ、舌の可動域を広げていくようにします。

3.目元のたるみを予防するトレーニング

目線だけを、上→左斜め上→左→左斜め下→薄めで下→右斜め下→右→右斜め上 と360度まわしていきます。
目元の筋肉を意識して、1つの動作をゆっくり丁寧に行うのがポイントです。

1日3回行いましょう。

たるみ毛穴を予防する生活習慣

たるみ毛穴にならないためにも、日頃から気をつけたい生活習慣を紹介します。

1.質の高い十分な睡眠時間を取る
美肌づくりにもっとも大切な成長ホルモンは、睡眠時に大量に分泌されます。
しかし長い時間、眠ればよいというわけではなく、成長ホルモンが分泌する、眠り始めの3時間に深い眠りに付くことが大切なのです。

成長ホルモンは、お肌の老化を予防するための重大な働きをする成分ですが、歳を取るごとに減少していきます。

2.日頃から紫外線対策をしっかり行う
紫外線はお肌の老化を早めます。夏だけではなく、一年を通して紫外線対策を行いましょう。

3.喫煙は老け顔の原因
たばこは「百害あって一利なし」と言われるように、身体にもお肌にも良い影響は一つもありません。

タバコの煙には、活性酸素を増やす成分が入っています。タバコを吸い続けることで、顔のシワ・シミ・ほうれい線・お肌のくすみ・毛穴の開き・たるみ毛穴などといったトラブルを招く原因になります。

タバコを吸い続けることで、こうした老け顔になることを「スモーカーズフェイス」というそうです。
美肌を取り戻すためには、今すぐにでもタバコを辞めることをおすすめします。

(まとめ)毛穴開きの原因やケア法の違いを知れば、たるみ毛穴は改善できる

1.たるみ毛穴の原因は?
2.たるみ毛穴の改善策(1) スキンケアの見直し
3.たるみ毛穴の改善策(2) 食事の見直し
4.たるみ毛穴の改善策(3) 表情筋ストレッチ
5.たるみ毛穴を予防する生活習慣

若いころの皮脂の過剰分泌が原因で開く毛穴とは違い、たるみ毛穴は加齢による老化が原因です。
日常のスキンケア、食生活、生活習慣を見直せば、徐々に解消されるはずです。

また身体の筋肉と同じように、顔の筋肉も日々鍛えることで、若いころのような健康的な表情を取り戻すことができます。
今回紹介した表情筋ストレッチをぜひ、毎日の生活に取り入れてみてください。