お肌に合ったクレンジングとテクニックで毛穴キレイに


朝晩の洗顔後、化粧水をお肌につけている時に「あれ、毛穴が目立ってきた」と感じることはありませんか?

せっかくお肌をキレイに見せるためのファンデーションなのに、逆に毛穴が浮いてしまっているという経験はありませんか?

毛穴の汚れや黒ずみのトラブルは、とくに30歳代以降の女性に多いお肌の悩みといわれています。その解決策として、日々の洗顔に加えて、クレンジングを使ったスキンケアが人気ですね。

たしかに毛穴トラブルには、クレンジングがとても重要です。
でもクレンジングを使って毎日洗顔しているのに、毛穴が黒ずんでいる、毛穴が目立ってしまうというのは、どこかに原因があるのでしょう。

毛穴の汚れをすっきり落とすためには、お肌に合ったクレンジング選びがとても大切です。さらに普段から正しいクレンジング方法と毛穴ケアもしっかりしておくことで、トラブルも激減してくるでしょう。

美しいお肌を取り戻すための、クレンジングケアをご紹介します。毛穴汚れでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレンジングで気を付けたい3つのポイント


毛穴の汚れや黒ずみをキレイに落とすためには、毎日のクレンジングは必須です。クレンジングには、クリームタイプ・オイルタイプ・ジェルタイプ・拭き取りタイプとさまざまな種類がありますね。

これらクレンジングにはそれぞれに特徴がありますが、とくに毛穴の汚れが落ちるアイテムかを見極めて選んでいる人は少ないのではないでしょうか。

毎日クレンジングでしっかり洗顔していても、毛穴が黒ずんでいると嘆いている方は、まずクレンジングの選び方を覚えておくことが先決ですね。

では実際に正しいクレンジング方法を実践している人はどのくらいいるでしょうか?

ただゴシゴシこすっていては、毛穴の汚れを落とす以前に、お肌を傷めてしまいます。デリケートなお肌だからこそ、汚れをすっきり落とすことができるテクニックを身に付けたいものです。

また外出時の紫外線や、日々の過度なストレス、アルコールや油脂の多い食べ物の取り過ぎなども毛穴トラブルの原因ともいわれています。

毎日毛穴の汚れをすっきり落とすためには、これら3つのポイントに気を配り、クレンジングすることがとても重要です。これまで悩んでいた毛穴トラブルがきっと軽減されるはずです。

汚れを落とすクレンジングの選び方

毛穴の汚れがキレイに落とせるクレンジングはどのようなタイプのものを選ぶのがよいのでしょうか?
基本的には、その日のメイクの濃さ、敏感肌や乾燥肌などに合わせて選びます。

一般的に、洗浄力が高いといわれているクレンジングの種類を順番にあげてみます。

1 拭き取りタイプ
2 オイルタイプ
3 ジェルタイプ
4 クリームタイプ
5 ミルクタイプ
6 バームタイプ

しっかりメイクをしている人は、
オイルタイプやジェルタイプがおすすめです。
しかし洗浄力が強いのでお肌への刺激も大きいです。乾燥肌や敏感肌の人は、様子を見ながら使用しましょう。

あっさりメイクの人は、
ジェルタイプやクリームタイプがおすすめです。洗浄力もあって、お肌への刺激も少ないので、お肌が弱い人なども安心して使用できます。

ノーメイクの人や敏感肌の人は、
お肌に優しいミルクタイプやバームタイプがよいでしょう。洗浄効果は低いですが、刺激が少なくお肌への負担も小さいのでおすすめですよ。

常に乾燥肌の人は、
もともとの水分量が少ないので、クレンジングを使うとピリピリと刺激を感じてしまうこともあるでしょう。
しっかりメイクの人でも乾燥肌の場合は、お肌への摩擦が少ないクリームタイプやミルクタイプがよいでしょう。

また拭き取りタイプのクレンジングは、
手軽に使えてもっとも洗浄力が高いとされています。しかしお肌への刺激が強すぎるので、使用する際には注意が必要です。

拭き取りタイプは、こすってメイクを落とすのでお肌へのダメージが大きく、メイクの汚れを毛穴の奥に押し込んでしまっているという心配もあります。

お肌のことを考えるなら、できるだけ拭き取りタイプのクレンジングは避けた方がよいでしょう。

またどのタイプのクレンジングも、保湿成分が入っているものを選びましょう。代表的な保湿成分は、ヒアルロン酸・アミノ酸・コラーゲン・セラミドなどが上げられます。

なぜ保湿成分が重要かというと、お肌が水分を失って乾燥肌になってしてしまうと、ゴワゴワと硬くなります。そうなったお肌の毛穴は汚れが詰まりやすくなってしまうのです。

それを防ぐためにも、保湿成分がたっぷりと入ったクレンジングを選びましょう。商品パッケージには必ず記載されていますので、成分表をぜひ確認してみてください。

毛穴の汚れをキレイに落とす正しいクレンジング方法


メイクを落とす前には、必ず石けんで手を洗い、清潔な状態にしておきましょう。ほとんどのクレンジング剤は乾いた手で使うものが多いので、手についた水分もキレイなタオルで拭き取りましょう。

もし濡れた手でクレンジングを使ってしまった場合、洗浄力が発揮できなくなることもあります。
お風呂でも使えるなど、濡れた手でも使用できるタイプであっても、乾いた手の方が洗浄力はアップします。

クレンジングを行う前には、マスカラや口紅などのポイントメイクを、専用のリムーバーなどで落としておくのがおすすめです。このひと手間で、お肌への負担がかなり軽減されます。

もしベースメークからポイントメイクまでを一気に落とそうとすると、メイクの濃い部分に合わせて、必要以上に肌をこすってしまい、ダメージを与えてしまうことになります。

正しいクレンジング方法

1 毛穴の汚れをしっかりと落とすためには、毛穴を広げておくことが肝心です。お風呂に入って温まってから、または蒸しタオルで顔を温めるなどして毛穴を開いておくのがベストです。

とくに毛穴が気になる部分には、蒸しタオルを2分ほど当てると、さらに毛穴の汚れが落ちやすくなります。

濡らしたタオルを電子レンジで30秒ほど温めると、簡単に蒸しタオルが作れます。顔に載せる時は、必ずタオルを開いて温度を確認しましょう。意外と高温になるので、やけどに気を付けてください。

2 適量のクレンジングを手に取ります。パッケージには必ず使用量が記載されているので、きちんと確かめてから適量を使いましょう。

3 クレンジングは、Tゾーンといわれる、額と鼻の部分に載せて、なじませていきます。ゾーンは皮脂が多く出やすい部分といわれているので、毛穴の汚れ対策としては意識しておきたい部分です。

またTゾーンは、皮膚が厚い部分です。クレンジングはTゾーンから皮膚の薄い顎や口周り、頬のUゾーンへ伸ばしていくことで、肌への負担を軽減することができるといわれています。

4 クレンジングを顔全体になじませたら、手のひらや指で肌をこすらずに優しくなでるように洗いましょう。

5 顔全体の汚れが落ちたら、ぬるま湯でお肌をこすらずに優しく洗い流します。こめかみや生え際などはすすぎ残しが多い部分なので、しっかりと洗い流しましょう。洗い残しは肌荒れの原因にもなります。

毛穴から余分な皮脂が浮き上がる温度は、30〜32度といわれています。お湯が熱すぎると、必要な皮脂まで洗い落としてしまうため、乾燥肌の原因になってしまうのです。

以上3〜5の過程を、時間を掛けずに1〜2分ほどでさっと終わらせることがポイントです。丁寧に洗いすぎると、お肌が乾燥してしまうので気を付けましょう。

毎日のクレンジングに、生活改善をプラスしてもっとキレイに
紫外線を浴びない

毛穴の汚れや黒ずみ対策はもちろん、紫外線はさまざまなお肌のダメージの原因といわれています。日頃から日焼け止めなどを小まめに塗り、紫外線を浴びないようにしましょう。

食生活の改善

刺激の多い食べ物や、油の多い食べ物、添加物などを多く含む食べ物や飲み物を摂取すると、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が開き黒ずみが目立ってくるのです。

毛穴によくない食品は、肉の脂身・ハムやベーコンなどの加工食品・バターやマーガリン・香辛料・ポテトチップスなどのスナック菓子・砂糖・果物・アルコールなどがあります。

また毛穴によい食品は、ゴボウ・カブ・青ジソ・玄米ご飯などがあります。

毛穴によくない食品とはいえ、一切食べないというのではなく、同じものばかりを取り続けることなく、バランスよい食生活を心掛けることが大切なのです。

毛穴の汚れや黒ずみがクレンジングで落ちない原因

毎日、丁寧にクレンジングをしていても、毛穴の汚れが落ちない、すぐに毛穴が黒ずんでしまうという人がいます。その原因は、間違ったスキンケアによるものがほとんどです。

たとえばお肌に合わないクレンジングや洗浄力の強すぎるクレンジング剤を使い続けた場合、毛穴にダメージを与えてしまい、かえって黒ずみを悪化させてしまうことになります。

せっかくきれいになろうと必死になってもこれでは本末転倒です。正しいスキンケアを心掛けるようにしましょう。

同じように黒ずみを悪化させるNG行動として挙げられるのは、石けん洗顔やクレンジングのやり過ぎ、強い力での洗顔ブラシの使用、過度の毛穴パックやピーリングなどです。

これらはすべて毛穴を傷つけてしまう間違ったスキンケアなのです。それに気付かずに長い間続けてしまうと、さらに毛穴はどんどん広がってしまう恐れがあります。“毛穴の汚れを落とすことに必死になり過ぎない”ということが大切ですね。

正しいクレンジング知識で汚れを落とし切る

1 自分のお肌に合ったクレンジングを使用する
2 正しいクレンジング方法で洗顔する
3 クレンジングケアに生活改善をプラスすることが大切

以上の3つのポイントを守って、日々のクレンジングケアを行うことで毛穴の汚れをすっきり落とすことができるでしょう。

また洗顔後はしっかりと保湿することも大切です。保湿を怠ると、せっかくキレイになったお肌が乾燥してしまい、毛穴の部分が硬くなってしまいます。そこに皮脂がつくと毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。

洗顔後の保湿も毛穴トラブルにはとても重要です。ぜひ覚えておいてください。